ホーム店長日記
店長日記
店長日記:280
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 14 次のページ»
2018年12月12日


カードナンバー(15)
19号=ラグラン袖の新型婦人服(高木とみ/考案)でモデルは[久原良子]
16号=すっきりいた13、4歳用女児服(北田いせ/考案)でモデルは[明日待子]
モデルに名が有るので、2人共[女優]さんでしょうか?
2018年12月10日


カードナンバー(17)
1号=可愛らしい2、3歳女児用ロンパース(黒澤かほる/考案)
2号=ケープつきの3,4歳用女児服(西川商店婦人子供服部)
3号=さっぱりした4、5歳用女児服(渡邊豊重/考案)
こちらの子供モデルには名前がありません。やはり、子役から有名だった、高峰秀子でしょうか?
2018年12月05日


カードナンバー(14)
14=セーラー型11,2歳用女児簡単服(千葉智子:考案)ですが、このモデル[高峯秀子]となっています。後の女優になる[高峰秀子]の若い頃の写真?
20=すっきりと気の利いた若向き婦人服(中村時代子:考案)モデル[市川春代]です。
2018年12月03日


カードナンバー(6)で、作品前にある番号は作品ナンバー
19=ビーズ編の電燈カバー(スタンド型)[樋口歌代子]
20=包紙利用の美しい電燈カバー(部屋の吊り下げ型)[飯村清子]
21=ベッティさんのビーズ編蟇口()[三越手芸部]
22=子供用のビーズ編蟇口()[三越手芸部]
23=菓子皿カバー(針金で作った枠にジョーゼットを張ってある)[テー・エム商会=村山子]19-20の[電燈カバー]は本体(元もと付いていた枠)にジョーゼットを張り替えて作る様です。電球は熱を持つので、若干、火災が心配です。

2018年11月29日


(1)と番号が振られた二つ折りの[華やかな刺繍の鏡台掛三種](右書き)と題されたページです
[チューリップ模様の鏡台掛](手芸之友社=中谷美音子=考案)
[異国情緒の布置刺繍の鏡台掛](伊東屋=横山敏子=考案)
[上品で清楚な花模様の鏡台掛](東京刺繍学院=小檜山英=考案)の三点が裏には作り方が載っています(次回から画像は省略します=見づらいので)
[刺し方の基礎はカード8及び9を参照]となっているので、この付録は[カード]形式と呼ぶのが正解かも?

2018年11月28日


婦人倶楽部・昭和9年7月号付録[簡単服と夏の新手芸]です。現在の付録の作りと違い、ページが閉じられていません。その為[落丁=前蔵書者が無くす可能性がある為、完品が少ない付録となっています=この付録も19と22の番号がありません]
裏表紙には[ホドヂン錠](虫よけの王)防虫剤の広告となっています。製造は(陸軍海軍御用工場)の[保土ヶ谷曹達株式会社]で左下にある、本舗[金星商会]が販売者でしょうか?
なかには目次の様に章立てで[夏の流行新手芸]と[新型婦人子供簡単服]のページ数と考案者(社)の名前があります。個人名の他に[三越手芸部]や[伊勢丹手芸部]等が並んでいます。婦人子供服の方には[洋裁研究所][洋裁女学院][洋裁学院]等の代表者でしょうか、個人名があり、その他には[西川商店婦人子供洋服部][市田商店婦人子供洋服部]等が並んでいます。裏表紙側には[講談社代理部]が材料実費の値段表があります。


(次回から少々ページの内容を掲載します)
2018年10月19日


[ママのお買物便利帖]'70/8月号(通巻34号)が挟まっていました。
発行元は[流通情報センター]となっており、内容はエプロン大学(5)と題された。連載特集は[衣料品のサイズに強くなる手帳]記事があり、案外不親切な[S-M-L表示法]では既製服の表示が[メーカーによってマチマチ]と[自分のサイズを知る]として店員に測ってもらい、試着を薦めています。
[本誌のご入手について]では、[ダイエー・西友チェーンの各店で、ご入手ください]となっており、定価25円ですので、買い物帰りの(おつり)で主婦が買っていたのでしょうか?
発行部数が<20万部>となっているのも、現在の雑誌等の出版部数からは、驚きです。
2018年09月12日


[東京ガス]のパンフレットが挟まっていました。オレンジ色のページには[ガス風呂の正しい使いかた]と題されたイラスト入りの使い方が載っています。木で出来た様な風呂桶に御主人が入浴していたり、主婦がホースで釜を洗っていたり、バーナーの穴をキリ状の先で清掃している図があります(昭和の雰囲気が良く出ています)
グリーン色のページでは[ガスは正しく使いましょう]と題されています。ガス器具のイラストが有りますが、中の<耐火粘土製?>石の様なバーナーが赤く焼けるタイプでしょうか(これも"昭和"ですね)
2018年09月09日
ゆうメールの料金改定
新運賃=長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内
(概ね、角背の雑誌=1冊が目安になります)
==============
150gまで 180円
150g超250gまで 215円
250g超500gまで 300円
500g超1kgまで   350円
1kg超2kgまで 取扱いを廃止
2kg超3kgまで 取扱いを廃止
==============
重量1kg以上の送本を[適時=ゆうパックorレターパック]に致します。
2018年09月08日


手作りの栞が挟まっていました。
楕円形の透明プラスチックの台紙に和紙の色紙をきりえ風に切ったもので、花を模って貼ってあります。
2018年08月14日


[銀座文化2](銀座四丁目交差点和光ウラに在った/現=シネスイッチ)で5/29(金)より週代わりで6/25(木)迄、上映される[哀愁][カサブランカ][心の旅路][雨の朝巴里に死す]の四本を、選んで鑑賞することが出来るチケットです。ウラには[松屋プレイガイド](52.6.2)の数字が擦れて入っています。もう一枚は次回の予告パンフレットです。
[グランド・ホテル][ガス燈][モロッコ]の三本が上映されるようです(この辺の映画は全く分りません=私の親、世代でしょうか)
2018年06月14日


[おいしいマグロのおかず集]と言う30p程の小冊子(B6版)が挟まっていました。
これは、裏表紙にある[日かつ連]が出した広報誌でしょうか?(広告=発行元等が全くありません)
フードコンサルタントの[市川佳子]女史が料理と文を書いており、会長理事の[上田大和]氏と対談した記事の日付が[昭和61年4月11日対談]となっているので、その後の発行かと思います。
冊子の内容は,カラー・白黒写真入りで[刺し身-どんぶり-おつまみ-毎日のおかず-西洋風おかず]等の記事、材料・作り方が入っおり、その他には(マグロ・カツオ魚場図)と(マグロ小事典)が入っています。
2018年04月29日


この後は[東京の近郊を訪ねて][東京の道路][東京の主なデパート][五大都市定期遊覧ご案内]等ですが[SEE TOKYO はとバス外人観光コース]の下に(東京国際空港)展望食堂の広告があり、献立表には(天丼250円/親子丼200/エビフライ300/カツライス250/ランチ300/カラーライス150/ハヤシライス180/サンドイッチ150/紅茶70/コーヒー60円)の値段が出ています。
最終ページには[カワサキ オートバイ]の広告が出ています(650-W1)(ダブワンと呼んでいた?)には[日本最大]となっています。未だ[ナナハン]が出る前なのでしょう。
以上、[足かけでガイドした昭和40年代の東京遊覧](ガイドは五十嵐でした。御乗車、有難うございます)
2018年04月25日


<空港・モノレール><夜の東京>と続きますが、銀座の夜景に写る(三菱のネオンのある円筒形=三愛?)ビルと屋上に丸いネオン(森永製菓の地球儀の広告塔?)のあるビルが懐かしいです。
<産業観光>の(キャノン)ではカメラの製造工程(FX-LINE)と読める看板があります
(ソニー)では女性が組立を行っているのか、後姿が[コンベア]を挟んで二列で写っています(この辺、ちょっと前の朝ドラ[ひよっこ]で主人公がラジオを組立てていたのを思い出させます)
[東京国際空港]の乗り入れ国一覧に<昭和41年8月現在>と有るので、先の葉書(223回)と合わせると<昭和41年8月~昭和43年4月>の間の発行と思われます。

2018年04月23日


<池袋>では、明治通りと川越街道の出会う五差路の信号が眼を引きます。五差路の中央に有ったのか、螺旋階段を登った見張り台(?)の中には人影が確認出来ます。
<本郷・神田><小石川・九段><赤坂>と廻っていますが(ホテルニューオータニと高速4号)に写る高速道路と並んで走る一般道に走る車が共に少ないのは驚きです。

2018年04月20日


<渋谷とその周辺>では(渋谷駅界隈)の写真では右に高速と[山一證券]の看板のあるビルの横の黒っぽいビルの屋上にドーム状の建物があるのが(プラネタリューム)が有った<東急文化会館>です。
[青山通り]の写真では「まだまだ車の数が少ない感じがします」

2018年04月17日


<有楽町・銀座>のページは航空写真と共に(歌舞伎座)(高速道路から新幹線を見る)(銀座四丁目付近)の写真が入っています
東京タワーの写真(すっきりして見えるのは私だけ?)では下の方に屋上付近の黒い部分に(12)と書かれたビル<テレビ東京>が見えます。
<上野・浅草><隅田川><東京歳時記>のページがあり、[新宿]では[新宿民衆駅/東口街頭/カブキ町コマ劇場]が入っていますが、[新宿民衆駅]ってどこ?<今の新宿ステーションビル>

2018年04月16日


続いては白黒写真のグラフページになりますが、最初は[皇居・丸の内]のページで上から<皇居/丸の内ビル街/朝のラッシュ[東京駅]>等の写真が入っていますが、その横に<夏をクールドライブ・カークーラー>と入っている広告が[懐かしいな]と思いました。今では、[エアコン]は車の標準装備ですが、この当時は(後付け)が基本で、車は買ったが、夏は窓・全開=雨の日には小さな三角窓を開けて外気を取り入れてドライブをしていたモノです(三角窓=が想像出来ない人もいるかも?)
2018年04月14日


続いては[はとバス特殊車両郡]のイラストで入っています。このイラストで見ると、表紙の嵌め込み写真のバスは(B型)の様です。

2018年04月12日


今回は[はとバス-東京遊覧-]と題された35ページ程の冊子を何回かに分けて紹介します。表紙には、手にはバッグ風の取っ手を持つバスガイドさんの写真があります。このバッグには嵌め込み写真で[はとバス]が写っています。このガイドさんの写真を良く見ると胸の名札に[五十嵐]と読めます。では、この五十嵐さんのガイドで[発車オーライ]
表紙を開くと裏には[東京観光地図]と[ご乗車のしおり][案内所一覧]がありますが、その間に[アンケートはがき]が挟まっています(発行日がこの冊子には有りませんが、このはがきの<有効期限が昭和43年4月30日まで>となっていますので、その前年頃と推察出来ます)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 14 次のページ»