ホーム店長日記
店長日記
店長日記:253
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 13 次のページ»
2018年02月22日


[前のチラシと同じシリーズ]の(No.27)<婦人用プルオーヴァー>(今回も<ヴァ>表記)のチラシです。デザインは(森田寿美子)氏が担当しています。下には前後身頃の符号図と[袖ぐり減目]と[前衿ぐり減目/肩下り][衿こま編]と[模様編符号図}があります。
2018年02月20日


[前のチラシと同じシリーズ]の<婦人用プルオーヴァー>(ちょっと書き方が違う)のチラシです。裏には<ダイヤフレッシュルック>と(No.26)と番号が上部に書かれています。デザインは(新初美)氏が担当しています。下には前後身頃の符号図と[袖ぐり減目]と[衿ぐり減目]<肩下り減目>と[模様編符号図}があります。同様に下にく小さく(11842日宣)と番号が有ります
2018年02月18日


[前のチラシと同じシリーズ]の(No.25)の<婦人用プルオーバー>のチラシです。デザインは(辻理栄子)氏が担当しています。下には前後身頃の符号図と[前後袖ぐり減らしかた]と[前後衿ぐり減らし方]<肩下り減らし方>の符号図があります。その下にく小さく(11842日宣)と番号が異なっています(此方が古い?=紙質が前の2枚と違いこの番号以降は若干茶色ぽいです/上部のナンバー順に紹介します)

2018年02月16日


[前のチラシと同じシリーズ]の(No.24)の<ツーピース>のチラシです。デザインは(辻理栄子)氏が担当したようです。下には前後身頃とスカート部分の編図があり[模様編み符号図]と[スカート脇明減目]<袖ぐり><肩下り><衿ぐり>の符号図があります。その下に同じく小さく(12841日宣)と書かれています

2018年02月14日


[東洋紡ダイヤモンド毛糸]の[ダイヤフレッシュ/デザインカード]の<ブラウス>のチラシです。裏には<ダイヤフレッシュルック>と(17)と番号が左上に書かれています。デザインは(森田寿美子)氏が担当したようです。下には前後身頃と袖部分の編図があり[模様編み方符号図]と[モチーフ編み方符号図24段]があります。<このシリーズの材料には(S38)と番号になっている為、写真の色の解説が出来ません)>その下に小さく(12841日宣)と書かれています(このシリーズを担当した宣伝会社?)

2018年02月12日


[カシミロンモヘア]作品シリーズNo.11121<婦人用セーター>のチラシです。
(紫/10個少々)をメープル針3号を使用して編んで行くようです。
模様編は一段目・二段目・三段目と編み方の解説があり、前後身頃と袖は下の図を参考に編むようです。
2018年02月09日


[ハマリリーフォープライ]作品シリーズNo.1033<スカート>の編物チラシです。
裏を見ますと、一辺7.5cmのモチーフを(紫/6個)と(淡グレイ/2個)で編み、スカート部分を(紫/4個)と(グリーン/4個)を両方共、3号かぎ針で編んで行くようです。
2018年02月07日


編物作品(夏もの?)のチラシ?が13枚程挟まっていましたので、順次掲載して行きます。
まずは[カシミロンアミー]作品シリーズNo.5019とナンバリングされたチラシで横には綴じる為の○印があり、(ポンチョ)を着たモデルの白黒写真が入っています。
裏には<材料と用具=オペラ色6個/ピンク・紺/各1個/3号かぎ針><出来上り寸法胸囲99cm/着丈60cm><ゲージ=模様編2.7cm=7目(1模様)/2.5cn=2段><編み方>の解説があります。表の写真で全体が(オペラ色)で肩からの<白ぽい>所が(ピンク)でその脇の<黒ぽい>所が(紺)糸で編んであるようです。
2018年01月24日


[和服の装いとエチケット]と題された冊子(12p程)が挟まっていました。発行所や発行年が無いので時代は不明ですが、表紙のモデルさんからすると昭和30-40代か?中には[萩野好子氏]の解説文があります。各種のきもの装いは白黒写真です。裏には[新宿・小田急]百貨店の名前と[千代田のきもの]広告が載っています。

2018年01月17日


[ホットパンツの作り方]と題された新聞の切り抜きが挟まっていました。
読者からの問い合わせに[デザイナーの谷本佐津子氏]が材料・裁ち方・縫い方の順序の解説をしています。右下には(前/後ろ)の製図があります。残念ながら、記事の切り抜きには、裏等を見ても、発行年月日が無く、どの新聞かも分りませんでした。
2018年01月15日


[東洋紡のシャポー]のテキストNo.6=秦万紀子ディザインサークル=<横手登代子先生指導>の帽子実物大型紙です。[毛糸100gで二つできますから、お揃いに作ってください]とあります。
材料/シャポーヤーン50g/針=30号(太)使用/となっており、符号=くさり編、長編、細編/ですが各種の編み方はありませんが、帽子編み方は=解説があります
2018年01月11日


[東洋紡のシャポー]のテキストNo.5<大西すゑ先生指導>の帽子実物大型紙です。紙質はパラフィン紙の様な薄い紙です。
材料/シャポーヤーン90g/針=30号(太)使用/となっており、符号=くさり編、長編、細編/ですが各種の編み方はありませんが、帽子編み方は=解説があります、
2018年01月07日


[東洋紡のシャポー]のテキストNo.4<秦万紀子先生指導>の[玉編アフガン帽子]実物大型紙です。これだけ[玉編アフガン帽子]と題名があります。
材料/シャポーヤーン100g/針=15号アフガン針使用/となっており、符号=玉編、プレーンアフガン/玉編の編み方=解説がありますが、プレーンアフガンはありません(ど素人の私から見るとアフガン編の方が難しいのでは?と思うのですが?やはり、編み方解説の本が有った?)
2018年01月05日


さて、今回は去年の最終入荷本の中に[挟まっていた]モノ(4枚ありますが、その①枚)です。
[東洋紡のシャポー]のテキストNo.1<柏孝子先生指導>の帽子実物大型紙です。紙質はパラフィン紙の様な薄い紙です。
材料/シャポーヤーン80g/針=30号(太い方)使用/となっており、符号=畝編、縁の始末、編み始めの輪の作り方等が書いてあります。<シャポーヤーン>となっているのは[帽子専用の毛糸なのでしょうか?]
(テキスト)となっているので、付録でしょうか?手がかりはありませんでした。
2017年12月27日


挟まっていたも201回目となりましたが、残念ながら特に目玉になる様なモノは挟まっていませんでした。黄色の細い毛糸でした。
=========================
編物と手芸のファッション誌[しゃるむ]を、新カテゴリと致しました。
2017年12月20日


箱に入っていた最後は[成績表]基礎には[総評]には有りませんが<作品名>(マフラーから始めてベスト>アフガンプルオーバー>棒針セーター>アフガンジャンバースカートと進んでいます)がある物は成績優秀で全てで中には◎が付くモノもあります。
==========================
年末営業日は12/29午後4時頃迄の入金確認出来た場合、当日、送本致します。以降の場合は1/4になります。尚、12/30-1/3迄は休業(在庫確認出来ません)致します
2017年12月15日


今回でサンプル模様の最後になりますが(24cm×41cm)と今までのモノより大きな作品で、糸も太い様に感じます。一番上には淡い黄色糸にブルー糸の編込み模様で、二番目のブルー糸と三番目の淡い黄色糸は[モッコリ]した感じの模様編で下のブルー糸は[シカッリ]した感じで編んであります


==========================
年末営業日は12/29午後4時頃迄の入金確認出来た場合、当日、送本致します。以降の場合は1/4になります。尚、12/30-1/3迄は休業(在庫確認出来ません)致します
2017年12月12日


4枚目は白・赤・白・赤・白糸で編まれたサンプルで赤糸部分は区切りの為の模様の様で、白糸部分が上中下で異なっています(15cm×22cm)

==========================
年末営業日は12/29午後4時頃迄の入金確認出来た場合、当日、送本致します。以降の場合は1/4になります。尚、12/30-1/3迄は休業(在庫確認出来ません)致します
2017年12月10日


三枚目は白・赤・白糸で編まれたサンプルで部分ごとに模様が異なっています(13cm×17cm)

年末営業日は12/29午後4時頃迄の入金確認出来た場合、当日、送本致します。以降の場合は1/4になります。尚、12/30-1/3迄は休業(在庫確認出来ません)致します
2017年12月05日


続いては白・ブルー・白糸で編まれたサンプルで白糸部分で模様が異なっています(15cm×23cm)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 13 次のページ»